太宰府天満宮「鷽像」「麒麟像」

スポンサードリンク

太宰府天満宮「鷽像」「麒麟像」

読み方

うそぞう・きりんぞう

奉納年

1852年(嘉永五年)

太宰府天満宮「鷽像」

鷽って何!?

鷽(ウソ)は、スズメ目アトリ科の小さな鳥です。

黒い頭、赤い喉、グレーのお腹のコントラストが鮮やかなウソは、料金改定前の130円切手のモデルにもなっていましたね。

森林に生息するため街中で見ることはほとんどありませんが、口笛のような鳴き声が古くから好まれました。

ウソという名前は、口笛を意味する古語「うそ」からきているといいます。

太宰府天満宮と鷽の関係

太宰府天満宮では、毎年1月7日に「鷽替え神事」が行われています。

鷽替え神事とは、「前年についてしまった嘘を天神さまの誠心に替え、悪いことを嘘だったことにして良いことに取り替える」という意味のある行事で、太宰府天満宮で始まり、現在は他の天満宮・天満神社でも行われています。

では、太宰府天満宮と鷽との間には、どんな関係があるのでしょう?

これについては、以下のような話が伝わっています。

  • 菅原道真公がハチの群れに襲われた時に、鷽がハチを食べて助けたことがある
  • 太宰府天満宮建立の際、材木を食い散らかしていた虫を鷽が食べて退治した
  • 「鷽」という字が「学(學)」という字の形に似ているので、学問の神様である菅原道真公と関連付けられた
  • 菅原道真公は、嘘をつかない誠実な人だったので、「嘘」と「鷽」をかけた

このようにいくつかの伝承がありますが、はっきりとしたことはわかっていないようです。

とにもかくにも、太宰府天満宮では、鷽は幸運を招く天神さまの守り鳥とされているんです。

太宰府土産に色々な「鷽」をどうぞ!

太宰府天満宮や参道の土産物店には、鷽替え神事で用いられる木うそをモチーフとしたお土産があります。

鷽像が気に入ったあなたは、お土産に1つ、いかがでしょうか?

鷽鳥みくじ

太宰府天満宮の楼門内で引ける鷽鳥みくじは、木うその形のおみくじです。

おみくじの紙自体は鷽の中に入っているので、それを取り出してしまえば、鷽のストラップとして使えます!

  • 鷽鳥みくじの初穂料(値段):300円
幸せおまもり

かわいらしいちりめんの鷽がストラップになっています。

こちらも楼門内の授与品所で購入できます。

  • 幸せおまもりの初穂料(値段):1,000円
木うそ

鷽替え神事で用いられる木うその置物は、鷽替え神事の日以外でも、参道の土産物店で購入できます!

大きいものから小さいものまで、形や表情もそれぞれなので、グっとくる鷽さんを探してみてくださいね。

うその餅

※写真のうそは正月限定の木うそです

太宰府土産の定番とも言えるお菓子「うその餅」は、太宰府天満宮の参道にある老舗和菓子店「梅園菓子処」の名物商品です。

若草色のそぼろで包まれた青じそ風味の求肥のお餅で、箱には木うそをモチーフにした小さな「土うそ」が1個入っています。

  • うその餅の値段:15個入り760円など
梅園菓子処のお問い合わせ先
  • 住所:福岡県太宰府市宰府2-6-16
  • 電話番号:092-922-4058
  • 営業時間:8時30分から18時
  • 定休日:1月8日(日祝日の場合は翌日)、お盆明けの平日3日~4日間
  • ホームページ:http://www.dazaifu-baien.jp/
  • アクセス:西鉄太宰府駅から120m、徒歩2分。

「うその餅」など太宰府天満宮のお菓子のお土産ランキングは、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています!

【これ10選!!】太宰府天満宮の周辺で買えるお土産「お菓子」人気おすすめランキング!


スポンサードリンク -Sponsored Link-






太宰府天満宮「麒麟像」

麒麟って何!?

麒麟(きりん)は、古代中国の空想上の聖獣で、聖人の治世に現れるとされています。

鹿のような4本脚の大きな動物で、龍の頭、牛の尾、馬のひづめ、そして角を持ち、体は黄色、背中は五色の毛で覆われています。

太宰府天満宮と麒麟の関係

徳のある王の治世に現れる動物とされ、特に優れた人物のたとえにも使われる麒麟は、天皇に重用され誠実に職務を全うしようとした、菅原道真公の人柄と重ね合わせられています。

またこの麒麟像がある所が、神が住まう聖域と、私たちの世界との境界となっているとも言われています。

太宰府天満宮「麒麟像」とキリンビールは関係がある!?

長崎にある観光名所「グラバー邸」で有名なトーマス・ブレーク・グラバーが、太宰府天満宮の麒麟像を気に入り、何度も訪れては鑑賞し、譲渡まで願い出たという話が残っています。

グラバーは麒麟麦酒(後のキリンホールディングス)の基礎を築いたことでも知られ、キリンビールのラベルに描かれている麒麟は、グラバーの意向で太宰府天満宮の麒麟像をモチーフにしているという説もあります。

太宰府天満宮「鷽像」「麒麟像」の見どころ

太宰府天満宮の鷽と麒麟の2体の銅像は、江戸時代末期の1852年の作品とされ、県の文化財に指定されています。

160年以上の歴史ある像とは思えない、現代的な姿は存在感抜群です!

鷽像の後ろには、もう1体、石造りの鷽像も奉納されています。

近くには菅原道真公の思想を表した「和魂漢才碑」や歌碑、御神牛像もありますよ。

太宰府天満宮「鷽像」「麒麟像」の場所

境内に入って延寿王院の前で左に曲がり、心字池にかかる3つの橋を渡り切ります。

鳥居をくぐってまっすぐ歩くと、右側の手水舎の手前に鷽像・麒麟像があります。

続くやや奥まった位置にあるので、お見逃しなく!

おわりに・・

太宰府天満宮といえば御神牛と呼ばれる牛の像が有名ですが、今度参拝する際には、ぜひ、鷽や麒麟にも注目してみてくださいね!

太宰府天満宮の拝観時間や回り方などの拝観情報は、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

太宰府天満宮の拝観情報「拝観時間(開門時刻・閉門時刻)・拝観料金(割引料金)・駐車場の場所・境内案内図・拝観ルート(回り方)など」

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ