参拝者数は全国トップ10入り!太宰府天満宮の【2021-2022年】初詣の拝観時間・アクセス・出店(屋台)情報など!

スポンサードリンク

こちらのページでは、太宰府天満宮のお正月(初詣)の参拝者数や拝観情報、交通情報(アクセス)、気になる屋台の情報などをご紹介します。

太宰府天満宮の正月初詣では干支の置物や絵馬、開運の矢など、お正月限定の神縁品も授与されます。

混雑も楽しむくらいの気持ちで、時間には余裕を持ってお出かけください!

あなたも太宰府天満宮で、新年の学業成就や厄除けの祈願をしてみませんか?

太宰府天満宮の新型コロナ感染拡大防止対策

〇正月期間の延長について
・安心安全に分散してご参拝いただけますよう、令和3年3月末までを「初参り」期間といたします。
・正月の神縁品(縁起物)を12月1日から3月末まで授与の期間を延長いたします。
※神縁品はなくなり次第終了となりますので、予めご了承ください。
※干支置物・干支鈴に関しまして、12月1日から12月31日までの間は、1家族にあたり各2体までの授与とさせていただきます。

・発熱や咳、倦怠感など体調に不安のある方はご参拝をお控えください。
・ご参拝の際は、必ずマスクを着用し、大きな声での会話はお控えください。
・お守り授与所において、お守り・初穂料の授受の際は直接手渡しをせず専用の折敷にて応対。
・ご祈願祭は状況により昇殿の人数を制限して斎行。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






太宰府天満宮 三が日の拝観時間

  • 12月31日:6時30分~終日
  • 1月1日:終日
  • 1月2日:終日
  • 1月3日:終日
  • 1月4日:前夜~18時30分頃
  • 1月5日:6時30分~18時30分

12月31日は朝6時30分に開門し、夜は閉門せずに新年を迎えます。

1月1日から3日は24時間開門し、4日は18時30分を目安に、人出の状況を見て閉門となります。

5日以降は、6時30分から18時30分までとなります。

太宰府天満宮の通常の拝観時間については、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

関連記事: 太宰府天満宮の拝観情報「拝観時間(開門時刻・閉門時刻)・拝観料金(割引料金)・駐車場の場所・境内案内図・拝観ルート(回り方)など」

年末年始も祈願祭はできる?

太宰府天満宮では、正月期間中も、学業成就や厄除けなどの祈願祭を通常通り受け付けてもらえます。

各自お参りする以外に、ご神前での祈祷を申し込む場合は、楼門内の祈願受付窓口へ行ってみてください。

お守り・御朱印の授与時間は?

お守り・御朱印の授与所も、拝観時間中は開いています。

太宰府天満宮 お正月(初詣)の参拝者数

1月1日から3日までの3日間で太宰府天満宮を訪れる参拝者は、およそ200万人と言われています。

これは九州では堂々の第1位、全国の寺社の中でも第8位~10位という人出で、特に大晦日の夜から1日の未明にかけては、大大大混雑です。

いつも混んでいる印象の太宰府天満宮も、年間の参拝者は約800万人ということですから、3日で200万人というのはかなりの数だとわかりますね!

太宰府天満宮の初詣期間中の混雑状況・混雑回避策については、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

九州ナンバーワンの人出!太宰府天満宮の正月(初詣)の混雑状況と交通規制・混雑回避策をご紹介!

お正月の太宰府天満宮「出店(屋台)は出る!?」「営業時間は!?」

大晦日の夜から正月三が日にかけては、初詣と一緒に、屋台グルメも楽しめます!

しかも!

正月三が日は太宰府天満宮が24時間開門しているのに合わせて、この3日間は多くの屋台が24時間営業しているんです!

参道の両側にずらりと並んでいる他、太宰府天満宮の境内にも出ていますよ。

たこ焼き、からあげ、やきそば、チョコバナナなどの定番メニューの他、太宰府ならではの梅ヶ枝餅も見逃せません!

また、九州発祥と言われる、割りばしなどの棒に巻かれたお好み焼き「はしまき」もおすすめです。

寒い中なので、温かい料理は嬉しいですね。

暗い時間や人ごみでは、お箸や串の扱いには十分に注意してください!

4日以降に出店している屋台もありますが、数は徐々に減ってきます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






太宰府天満宮 お正月の催し(祭事・神事)一覧!

1月1日:歳旦祭(さいたんさい)

  • 時間:7時
  • 場所:御本殿

宮中や全国の神社で行われる行事で、皇室の繁栄や国家と国民の平和、五穀豊穣などを祈願します。

1月3日:元始祭(げんしさい)

  • 時間:9時
  • 場所:御本殿

天皇の位の起こりを祝い、国家の繁栄や国民の安寧を諸神に祈願する神事です。

歳旦祭と同じく宮中祭祀の1つですが、それに合わせて全国の神社でも行われます。

1月4日:斧始祭(おのはじめさい)

  • 時間:9時30分
  • 場所:御本殿・飛梅前

宮大工の棟梁や関係者が参列し、1年の造営や修繕の事業が安全に滞りなく進むことを祈願する行事です。

御本殿での祈祷の後、ご神木の飛梅の前で、新しく切り出した角材に墨で線を引く「墨立ての儀」が行われ、最後に斧を打ち込みます。

太宰府天満宮の仕事始めのような意味合いを持つ神事です。

1月4日:本殿追儺祭(ほんでんついなさい)

  • 時間:15時
  • 場所:御本殿

御本殿の邪気を払い、悪疫を取り除く神事です。

1月7日18時:鷽替え神事(うそかえしんじ)

  • 時間:18時
  • 場所:天神ひろば(楼門横)

知らず知らずのうちについてしまった嘘を天神さまの誠心に変え、これまでの悪いことを嘘にして新年の良いことに取り替えるという意味のある、太宰府天満宮発祥の神事です。

「替えましょ替えましょ」と掛け声をかけながら、手に持った「木うそ」を参加者同士で取り替え、除災、開運、招福などを祈願します。

当日は、「金うそ」が当たるくじも行われます。

一般の参拝者も参加できます。

鷽替え神事・鬼すべ神事の詳細は、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています!
噂の奇祭!?太宰府天満宮の「鷽替え神事」と「鬼すべ神事」歴史・日程・混雑状況・混雑回避策など

1月7日:鬼すべ神事

  • 時間:21時頃
  • 場所:鬼すべ堂

新年の災難除け、開運、招福を願う火祭りで、日本三大火祭りの1つに数えられ、県の無形民俗文化財に指定されています。

大きな焚火の周りで、氏子奉仕者300人と神職が堂内に籠る鬼を燻り出して鬼退治をする場面を演じる勇壮な祭りで、菅原道真公のひ孫、菅原輔正によって始められたと伝えられています。

太宰府天満宮の正月の終わりと春の訪れを告げる行事です。

一般の参拝者も見学できます。

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ