太宰府天満宮の拝観時間(開門時刻・閉門時刻)と観光所要時間(滞在時間)を‥‥‥どん兵衛吸い込みながら知るつもりぃ❓

スポンサードリンク

太宰府天満宮の拝観時間(入場時間)

開門・閉門時間

参拝できる時間 
開門時間(楼門) 春分の日より秋分の日の前日まで 6時00分
上記以外の日 6時30分
閉門時間(楼門) 4月・5月・9月・10月・11月 19時00分
6月・7月・8月 19時30分
12月・1月・2月・3月 18時30分

※春分の日は3月20日頃、秋分の日は9月23日頃

正月の開門・閉門時間(12月31日~1月4日)

  • 12月31日は6時30分の開門後、終日閉門せず(24時間開門)
  • 1月1日から3日までは24時間開門
  • 1月4日は参拝者の状況を見て閉門

※御朱印・お守りも、拝観時間中は授与されます。

毎週金曜日・土曜日の拝観時間の延長について

  • 毎週金曜日・土曜日:20時30分 → 20時(2019年3月より)

金曜日・土曜日の拝観時間の延長は、隣接する九州国立博物館の特別展の夜間開館に合わせて太宰府天満宮の境内も開放(開門)されています。

国立博物館の夜間開館が行われない日には、太宰府天満宮も通常の時間で閉門します。

新型コロナウイルス感染症対策に伴う営業時間(拝観時間)の変更について

新型コロナウイルス感染症対策による営業時間、拝観時間の変更の可能性もあります。

詳細につきましては公式サイトにてご確認ください。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






太宰府天満宮は365日24時間境内に入って参拝できるの?

上記の開門・閉門時間は、楼門と廻廊の出入口の開門・閉門時間です。

本殿前での参拝は開門時間中に限られますが、太宰府天満宮の境内自体には、24時間入ることができます。

※大きな境内図はこちら太宰府境内案内図からダウンロードできます。

太宰府宝物殿の拝観時間(営業時間)・定休日

菅公ゆかりの遺品の数々、約5万余点を収蔵&展示する施設。

拝観時間(営業時間)

  • 9時から16時30分 ※入館は16時まで
定休日

  • 月曜日 ※祝日および振替休日の場合は開館
  • 展示替えなどの理由で臨時休館日あり

菅公歴史館の拝観時間(営業時間)・定休日

菅公歴史館とは、菅公の生涯を装着博多人形のジオラマで展示したり、天神人形や太宰府天満宮の祭典・神事などを紹介した施設。

拝観時間(営業時間)

  • 9時から16時30分 ※入館は16時まで
定休日

  • 火曜日・水曜日 ※祝日および振替休日の場合は開館
  • 臨時旧館日あり

太宰府天満宮の御朱印印・お守りの授与時間

時間
4・5・9月 6時(9月下旬は6時30分)~19時
6月から8月 6時~19時30分
10・11月 6時30分~19時
12月から3月 6時30分(3月下旬は6時)~18時30分

※金曜日・土曜日は通常20時まで(九州国立博物館の夜間開館に合わせた対応※要確認💘)

御朱印・お守りの授与所は楼門をくぐった先にあります。

御朱印・御朱印帳、お守りは拝観時間中は授与されています。

ただし、御朱印は余裕を持って、閉門30分前くらいまでにお願いしましょう。

太宰府天満宮のご祈祷の受付時間

  • 8時45分~17時

※1月1日~3日は、車祓いの申込みは受け付けていません。

ご祈祷の予約は不要です。

楼門内の、お守りや御朱印の授与所と同じ場所に、祈祷受付がありますので、直接お申し込みください。

太宰府天満宮の夜間拝観・ライトアップの日程・時間

通常の夜間拝観・ライトアップ

  • 金曜日・土曜日の20時まで

既にご紹介した通り、太宰府天満宮では金曜日と土曜日は夜まで拝観できるようになっています。

これは、隣接する九州国立博物館の夜間開館に合わせた対応です。

ぜひ、博物館鑑賞の前後に、太宰府天満宮にもお参りください。

毎年10月「特別受験合格祈願大祭」期間の夜間拝観・ライトアップ

  • 拝観(参拝):19時まで(19時閉門)
  • 楼門「飛龍天神ねぶた」ライトアップ:20時まで

毎年10月18日の特別受験合格祈願大祭に合わせ、10月の1か月間は大祭期間として、楼門に「飛龍天神ねぶた」が掲げられ、夜間拝観・ライトアップが行われます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






太宰府天満宮の拝観・見学所要時間

ロケーション 所要時間
本殿に参拝 所要時間15分程度
境内を一周 所要時間30分~40分程度
宝物殿拝観 所要時間30分程度
菅公歴史館拝観 所要時間20分程度

太宰府天満宮の案内所がある入口から、本殿前に直行し、また帰ってくるだけでしたら15分程度あれば可能ですが、ぜひ、その他の見どころに注目しながら、境内の散策を楽しんでください。

境内をぐるっと回って30分~40分とし、お守りや御朱印を拝受する場合や、宝物殿、菅公歴史館を拝観する場合などは、その分も予定に入れておくと尚、良ぃ。

それと太宰府天満宮本殿の後方には山がそびえるが、この山をグルッと軽く一周するとプラス約30分

山頂には九州一古いと伝わる天開稲荷神社があり、ココをお参りしてから遊園地へ至るルートが王道とも云われる。

  • 天開稲荷神社の所要時間:約5分
  • だざいふ遊園地の所要時間:約1時間30分

駐車場の営業時間or駐車スペース

区分 営業時間
入庫 8時30分〜16時30分
出庫 19時00分まで

特別展開催期間中の金曜・土曜は【夜間開館】

区分 営業時間
入庫 8時30分〜19時30分
出庫 21時00分まで
収容台数
  • 普通乗用車 313台
  • バス 9台

駐車料金については下記リンク先を参照💘

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ